【体験談】カーシェアリングでのチャイルドシートの利用方法

未分類

どうも、サラパパです。今日は我が家のカーシェアリングでのチャイルドシート利用方法について紹介したいと思います。

各カーシェアリング会社のチャイルドシート設置事情

子どもを車に乗せる場合、安全面でも、法律面でもチャイルドシートの設置は必須です。

そもそも、各カーシェアリング会社のチャイルドシートの設置状況はどうなんでしょうか?

各カーシェアリング会社のチャイルドシートの設置状況

まず、各カーシェアリング会社のチャイルドシートの設置状況を見ていきましょう。

タイムズカーシェアの場合

ホームページのような記載がされていました。

標準装備品として、ジュニアシート(年齢の目安:4歳から10歳)を全車両にご用意しています。チャイルドシートは一部のステーションのみオプションとしてご利用いただけます。

ちなみに、ステーションによっては、0-4歳対応のチャイルドシートは1,080円で借りられるようです。

カレコカーシェアリングの場合

ホームページには下記のような記載があります。

カレコではすべてのクルマにジュニアシートを標準装備しております。

<ジュニアシートご利用の目安>
・体重 15kg以上
・身長 135cm以下
・年齢 4歳~10歳ぐらい

こちらも、ジュニアシートは標準搭載のようですね。チャイルドシートは、一部のステーションでは標準搭載されているほか、三井のリハウスなどの店舗で借りられるところもあるようです。

チャイルドシート貸し出し店舗一覧

オリックスカーシェアリングの場合

ホームページに下記が記載されていました。

ジュニアシートが全車へ搭載されています。

ジュニアシート適用条件

年齢のめやす3歳頃~10歳頃
体重のめやす15~36kg
身長のめやす100~138cm
チャイルドシートは、会員さまご自身でご用意いただきますようお願いします。
※装着不具合によるケガ等については、当社では一切責任を負いかねます。

チャイルドシートは自分で用意する必要がありそうです。

現実的には自分で用意する必要あり。。。

4歳以上であれば、ジュニアシートが標準搭載されているので別途子ども用シートを用意しなくても問題ありません。

3歳以下の場合、チャイルドシートを用意する必要があります。カレコは無料で借りられますが、搭載されているステーションも少なく、借りられる店舗が最寄のステーション近くにあるとも限りません。

チャイルドシートの選び方

我が家のチャイルドシートの選定基準

そこで、我が家ではチャイルドシートを購入しました。選定基準は下記の通り

  • 車両の種類を選ばずにつけられること
  • 取り外しが用意であること
  • (ネットで買ったので)評判が良いこと

我が家が検討したチャイルドシート

① Joie チルト カトージ Katoji

楽天で1万件以上レビューがあり、安定感も高そうだったのでまずはこちらを検討しました。

②コンビ ジョイトリップ

次に検討したのがこちら。ベビーカーでおなじみコンビのジョイトリップです。

②コンビジョイトリップを購入した理由

正直結構悩みました。購入したときはちょうど1歳半くらいだったので、①の方が安定感があるような気もしていましたが、②は長く使える可能性があるため、結局②を購入することにしました。

設置方法は?面倒じゃないの?

設置方法についていろいろと検討して編み出しました!

我が家の設置方法2パターン

マイカーと違い、カーシェアリングの場合は毎回チャイルドシートをステーションまで運搬し、設置しなければなりません。そのため、どうにかしてチャイルドシートを運搬する必要があります。

我が家では、下記の2つの方法でチャイルドシートを運搬しています。

①ベビーカーに乗せて運ぶ

1つ目は、ベビーカーに乗せて運ぶ方法です。大きな荷物がない時には、この方法が9割ですね。

こんな感じで載せてます。

前から見るとこんな感じです

カーステーションまで運んで

設置!!!

そしてベビーカーはトランクに収納

②アウトドアワゴンで運ぶ

大きな公園に行くときなど荷物が多い時は、アウトドアワゴンに乗せて運ぶ時もあります。こんな感じのものですね。

ちなみに我が家が使っているのはこちらです。赤は人と被るのでネイビーを使っています。

【まとめ】工夫次第で子育て世代でもカーシェア利用はできる!

子育て世代でも、工夫をすればカーシェアの利用が可能です!ぜひ皆さんも利用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました