ボトル酒を購入するのは節約にならないのでやめました

どうも、サラパパです。今日は休日なのでゆるい話を書きたいと思います。

コロナ後自宅飲みをする機会が増えたので、節約にもなるかと考え、角ハイボールやレモンサワーのボトル酒を購入し、しばらく飲んでいました。

しかし、結局缶を購入するスタイルに戻したのでその理由を記載したいと思います。

理由①作るのが面倒(ズボラ)

我が家ではソーダストリームを購入し、炭酸水を作っていましたが、とにかく炭酸水を作るのって面倒なんですよねー。。。

特に、炭酸のカートリッジが切れた時。。。近隣に交換場所がないので、思い鉄の塊を持って交換しにいかなければなりません。

理由②実はそんなにお得にならない

例えば、角ハイボールを購入した場合の金額比較がこちら。我が家の最寄りのスーパーはライフなので、ライフでそれぞれを購入した場合を想定しています。

サントリー角ハイボール缶サントリーウイスキー角瓶備考
内容量350ml700ml
炭酸水代7度40度
実売価格(税抜)180円1298円ライフネットスーパー(2022年2月23日時点)

角瓶で350mlのハイボールを作るのに必要な量は、

350ml×7%÷40%=61.25mlとなります。角瓶1本あたりから、11.4本分の缶ハイボールが作れる計算に

角瓶1本あたりの単価は、113.6円という計算になりました。

ちなみに、350mlのハイボールを作るために必要な炭酸水の容量は、288.75ml(=350ml-61.25ml)となります。

ライフの最安炭酸水が500mlで59円のため、1杯あたりに必要な値段は、34円(=59円÷500ml×288.75ml)。

従って、サントリーウイスキー角瓶から350mlのハイボールを作るコストは、148円でした。差額32円ですね。

6割くらいの単価になるかと思っていたら、そんなに変わらないんですね。。。

理由③ついつい飲み過ぎてしまう(これが一番の理由)

確かに実質的にはボトルの方が安いのですが、結局手元に酒があるとついつい飲み過ぎてしまうんですよねー。。。(反省)

飲まなくてもいい平日の夜についつい晩酌をしてしまったりとか、2杯で終わるはずが3杯目行ってしまったりとか。

結局トータルの酒量が増えて酒代もかかってしまう。

その点、缶で都度購入しておけば、無くなったらそれ以上は飲めないので酒量をコントロールしやすい。

これが一番の理由です。

お酒は節度を守って程々にが良いですね。今日も缶のお酒を買って休日の晩酌を楽しみたいと思います。

以上、サラパパでした!皆さんも良い休日をお過ごしください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました