年50回空港を利用する私がアマゾンゴールドカードをおすすめする理由

どうも、サラパパです。今日は私が持っているアマゾンゴールドカードについて紹介したいと思います。

出張族にとってのAmazonMastercardゴールドカードのメリットとは

私は、大体月に2回程度飛行機で出張しています(日本国内)。ほとんどが羽田と地方空港の往復ですが、往復なので飛行機に乗るのは50回前後、空港利用も年間50回前後です。

そこそこ出張が多い私にとって、アマゾンゴールドカードは非常に重宝しています。

空港のカードラウンジが使える

多くのゴールドカードは、カードと搭乗券(搭乗を証明できるもの)を提示するだけでラウンジの利用が可能です。

カードラウンジは、JALやANAなどの航空会社が用意するラウンジとは違いマイルのプログラムに関わらず誰でも利用ができるものです。

羽田空港には6か所箇所あり(第一・第二ターミナル各3か所)

こちらのラウンジ、羽田空港には合計6か所あります。私は国内線のため第一ターミナルをよく利用するのですが、保安検査場通過前に利用できるところが2か所、保安検査場通過前に利用できるところが1か所あります。

出張族にはうれしい電源完備はもちろんのこと、軽食(クロワッサン)やドリンク(コーヒー・ジュース・黒酢ドリンクなど)サービスもあり待ち時間に仕事をするにはもってこいです。

私が特にメリットだと感じているのが、到着後も利用できることです。飛行機に乗っている間にちょっとした依頼が来たり、出張の残務を処理したりしたい機会って結構多いんですよね。そんな時に、ちょっとドリンクを飲んで一息入れながら無料で使えるラウンジはとても重宝します。(夕方以降はそんな混んでないですし。)

地方空港は利用できるところとできないところがある

羽田空港だけでなく、空港のラウンジで利用できるところと利用できないところがありますので注意が必要です。利用できない場合、喫茶店などで時間をつぶしています。

Amazonプライムが無料で利用できる

出張族たるもの移動中も全て仕事、といきたいところですが、たまには息抜きも必要です。そんな時に、Amazonプライムはとても便利です。Amazon Mastercardゴールドカードは年会費にAmazonプライムが含まれていますので、実質無料で利用することができます。

私はいつも、AmazonプライムビデオとAmazonプライムミュージックを利用しています。

移動中で疲れた時や、出張先のホテルでの息抜きなどにとても重宝しています。

他のゴールドカードに比べ年会費がとても安い

Amazon Mastercardゴールドカードの良いところは、年会費が非常に安いことです。

通常、ゴールドカードの年会費は1万円以上します。Amazon Mastercardゴールドカードも同様に年会費10,000円(税抜)なのですが、設定をすれば実質4,000円で使えてしまいます。

リボ払いとWeb利用明細で年会費6,000円割引に

カード到着後に、リボ払いを設定すれば、5,000円(税抜)割引になります。リボ払いは利息が高いですが、私の場合は、毎月のリボ払いの元金を50万円に設定しているため、支払いが50万円をこない限りは利息がかかることはありません。(楽天カードをメインで利用しているため超えることはまずない)

そもそも、Amazonプライム単体の年会費が4,900円(税込)ですから、それよりも安いですよね。割引を使えば4,320円(税込)でゴールドカードを持てるので。

Amazonを全く利用しない人にもおすすめです!

そもそもAmazonで買い物をしなくてもラウンジ利用とプライム会員で十分に元が取れてしまうAmazon Mastercardゴールド。出張者には必携の1枚だと思いますのでまだお持ちでない方はぜひ申し込まれることをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました